かおる矯正歯科クリニック|Kaoru Orthodontic Clinic

福井県福井市 かおる矯正歯科クリニック オフィシャルサイト

矯正治療

歯並びチェックシート:『口呼吸である』

症例3 子供の開咬(上下の歯がかみ合わない)

初診時年齢:8歳2ヶ月
治療期間:17ヶ月
治療内容:
永久歯にだけ装置をつけて、上下にゴムをかけてもらいます。治療期間、治療後を通じて、舌のトレーニングを行いました。
開咬(かいこう)とは、上下の歯がかみ合わない状態です。原因は、長期にわたる指しゃぶりや、爪噛み、舌の突出癖(舌を上下の歯の間に挟んでいたり、話している時に舌が前に出ているなど)が挙げられます。治療にはこういった原因を直していくことが不可欠です。

症例4 子供の上顎前突(上の歯が前に出ている)

初診時年齢:7歳6ヶ月
治療期間:24ヶ月
治療内容:
固定式の拡大装置で上下の歯列の幅を広げ、永久歯が生えることが出来るスペースの確保と下顎が成長しやすい環境を作りました。
その後、永久歯のみに装置を付け、ガタガタをきれいにしました。上顎前突が解消できるように、途中で上下にゴムをかけてもらいました。
上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、上の前歯が著しく前に出た状態を指します。そのことによって、お口が自然に閉じられなかったり、転んだりした時に前歯を打ってしまったりします。指しゃぶりや口唇癖(こうしんへき:下唇を咬む癖です)が原因の場合もありますし、上下の顎のサイズや位置のバランスが悪いことが原因になることもあります。原因によって、使う装置や治療方法は異なります。

症例8 子供の治療後に大人の治療を行い、非抜歯にて治療した上下顎前突

初診時年齢:10歳7ヶ月
治療期間:2年9ヶ月
治療内容:
まず1期治療(子供の治療)として、ヘッドギアで上顎の大臼歯の遠心移動を行い、その後2期治療(大人の治療)としてマルチブラケットで非抜歯にて治療しました。
矯正治療は、1期治療(子供の治療)と2期治療(大人の治療)の2段階に分かれます。一般的に1期治療は前歯4本が生え変わり、第一大臼歯が生えた頃、2期治療は全ての歯が永久歯になり、第2大臼歯が生えた後の治療と言われています。しかし、歯並びの状態、一人一人の成長によって治療の開始時期は違ってきます。まずは相談していただき、ちょうど良い治療の開始時期を見つけることが大切です。
ページトップへ

お問い合わせ・ご予約は

0776-89-1848

受付時間(完全予約制)

10:00〜12:30/14:30〜19:00

(休診日:月曜日、日曜日・祝日)

所在地

福井県福井市二の宮3丁目6-8

アクセスマップ